身体にやさしい健康訴求型加工食品市場の実態
(資料No.94)

                 〜健康志向の毎日の食事と特定保健用食品市場
■個食化や人口減少が続く中で“健康志向”は食に関連する商品開発の共通テーマとなっています。
とりわけ、錠剤・カプセル等のいわゆる健康食品に比べて、毎日食するフードマーケットでのあらたな切り口の開発による切り替え・獲得需要は予想を上回るほど大きいものがあります。低迷する食の市場環境の中で、発売後早期に数十億円台の販売規模を達成できるヒットブランドが出現していることが当該市場のポテンシャルを示しています。
今後ますます普段の食事による生活習慣病の予防という食生活スタイルは年齢性別を問わず浸透・拡大していくものと予想されます。
こうした流れを受けて同市場は順調に成長を続けてきたものの、相次ぐ参入による競争激化や偽装表示や健康被害トラブル等が影響し、一部淘汰・後退するところも見られます。
本調査資料では、健康志向商品市場 の実態(市場、チャネル、シェア動向)と参入企業の販売実態を網羅致しました。
 

●市場規模推移  ●市場動向  ●チャネル別実態 ●各社販売額・シェア 

体裁:B5版 約250頁  発刊2009年2月 価格:64,762円
(税込69,942円) 送料600円別
  



Back
内容1
内容2
内容3
▲home資料目録へ
姉妹品:健康食品の市場については健食・サプリメント市場の実態
内容4
内容5
内容6
内容7
内容8
内容9
内容10
サラダ画