業務用食品問屋流通総覧
見本5
姉妹品:病院・老人ホーム・介護福祉施設・高齢者配食ルートについてはケア・メディカル食材ルートの実態
2017年 2018年
2019年 2020年予
2021年予
2017年 2018年
2019年 2020年予
2021年予
利益高|利益高
’18年|’19年
売上高|売上高|売上高
’18年|’19年|’20年
売上高|売上高
’19年|’20年
 
●業務用食品問屋 商品別/業態・ルート別販売実態/●外食企業食材調達動向
●経営実態個表 881社掲載

No.140-1 上巻:流通実態分析編 税込価格:78,540円
No.140-2 下巻:経営実態個表編 税込価格:78,540円
各 CD-ROM版添付
・当該CD-ROMはNo140-1、No140-2のPDF版です。
・CD-ROM単体での販売は致しておりません。

資料体裁:B5版 約260頁 各巻、 2020年9月刊、 送料600円別
No.140-1 上巻:流通実態分析編

下巻:掲載見本

881社)

【業績推移】

 
2017年  2018年  2019年
 2020年予 2021年予


上巻:流通実態分析編(目次)


1.業務用食品専門卸売業経営ランキング
  
●会社名、本社、概要、売上高、利益高
2.業務用ルート別流通動向  
 
(業務用ルート別売上高順)
 (1)外食レストランルート 
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先
 (2)給食・惣菜ルート                           
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先
 (3)ホテル旅館ルート                           
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先
 (4)加工・製造用ルート                          
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先
 (5)病院・福祉施設ルート                        
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先     
 (6)学校給食ルート                           
 
●会社名、本社、売上高、仕入先、販売先
 (7)官庁・自治体・自衛隊ルート                 
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
 (8)百貨店ルート                        
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
 (9)レジャー施設ルート                     
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
 (10)高速道路・ドライブインルート                
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
 (11)駅売店・キヨスク・機内食ルート                   
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
 (12)喫茶店ルート                        
 
●会社名、本社、売上高、販売先、商品販路属性
           
                      
3.外食企業仕入先状況               
 
(外食企業 売上高順)              
 (1)主要ファーストフーズ企業食材調達            
  
●会社名、本社、事業内容、店舗名、売上高、店舗数、仕入先 (以下同様)
 (2)主要ファミリーレストラン企業食材調達           
 (3)主要惣菜・弁当専門店食材調達               
 (4)主要給食企業食材調達                   
 (5)主要料飲店企業食材調達                  
 (6)主要喫茶専門店企業食材調達                
 (7)主要宅配企業食材調達                   
           
                        
4.商品別経営動向                          
  商品別販売状況
(ふりがな順)                  
  
●会社名、本社、売上高、商品別構成比、商品・メーカー 


5.都道府県別経営状況
  食品卸売業の概況
  外食関連事業所の概況
  外食業売上高
  外食業食材仕入市場規模
  業務用卸事業所経営状況

見本2


■大手商社等を中心に業務用食品流通の再編成が進む中で、コンビニ弁当、惣菜の充実など中食市場の拡大と外食市場での業態別浮沈が顕著になりつつあります。
一方、地方における高速道路網の整備による物流の変化など業務用食品の流通は激変の最中にあります。地方、中小の卸においても拡大する惣菜や病院給食などに本腰を入れ、提案力を強化し、生販、物流の新たな取り組みを模索する企業も目立ちます。
■とりわけ、小口・スポット需要やプロ志向の消費者のニーズに対応した神戸物産等のC&C業態の動きが顕著です。
■本資料は全国業務用食品問屋の最新経営実態を、扱い商品分野別、販売ルート別に分析。加えて外食業態別仕入先状況を収録しました。

上巻:都道府県別個票
(2012年、2016年)
2017年 2018年
2019年 2020年予
2021年予
2017年 2018年
2019年 2020年予
2021年予
売上高|売上高
’19年|’20年
売上高
19年
売上高
19年
売上高|売上高
’19年|’20年
見本4
見本3
売上高 | 売上高|売上
’18年 | ’19年  |’20年
売上高
19年
トラック画1
売上高 | 売上高 |売上
’18年 | ’19年 |’20年


BACK
No.140-2 下巻:経営実態個表編 
CD画
書籍画
見本1
▲home資料目録へ
見本7
見本6
トラック画2